読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JAWS FESTA Kyushu 2015で受託開発とAWSな発表をします

JAWS FESTA Kyushu 2015で登壇させていただくことになりました。

「受託開発でAWSを活用したらこうなる ~AWS導入の事例と仮想事例~」というタイトルで発表します。

受託開発とAWS

本当に小さい狭い観測範囲での話なのですが、受託開発でAWSをガシガシ使っている会社って、自社サービスでAWSをガシガシ使っている会社よりも、もしかして少ないんじゃないかなーと思っています。

あと、これも小さい観測範囲なのですが、AWS導入支援をしてくれる会社よりも、インフラだけではなくAWSのうえに載るシステムもまとめて開発するような会社のほうが少ないんじゃないかなーと思っています。

いや、本当に小さい狭い観測範囲なので、多分同じような会社さんはいっぱいあるはずで、今回こういうタイトルで発表することで、そういった会社さんと是非情報交換(というかAWSあるある話)ができればなーと思っています。

で、Fusicですが、受託開発もがっつりやる会社なのですが、結構カジュアルにAWSを選択します。それよりもカジュアルにVPSを使いますが。

新規開発もあれば、既存システムの移行もあれば、クラウドネイティブな構成もあれば、単純なLAMP構成もあれば、、、と受託開発だけに案件の特徴は様々で、いろいろな事例があります。

AWSなレガシーな環境(EC2-Classic)をイマドキなAWS環境(EC2-VPC)に移行したりする案件なんかもありました。

あと、Fusicのエンジニアは、要件定義からインフラ構築、アプリケーション開発、運用までやることが多いので、そういったエンジニアの1人である自分もいろんな視点から話せれば、、、れば、、、れば、、、れば、、、と思っています。

発表後の予定

パンフレット設置ブースで、ウロウロしようと思っています。(もしかしたら発表を聞きにいっているかも)お気軽にお声掛けください。

懇親会も参加します。LTも申し込みました。空気読まない感じの内容を発表しようと思っています。

JAWS FESTA Kyushu 2015で会いましょう。

よろしければこちらも↓是非ご参加ください。

roadshow.awseventsjapan.com