読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Backlogに添付されたファイルをscpみたいにダウンロードするbacklogcpコマンドを作った

Backlog Ruby

皆さんBacklog使っていますか?私はいつも便利に使っています。

Backlogの添付ファイルをクリックしてダウンロードしなければならない問題

ところで、こんなことありませんか?

  • 素材ファイルを添付してもらったが、それを利用するためにクリックしてダウンロードしてリネームして設置
  • バナーファイルを添付してもらったが、それを利用するためにクリックしてダウンロードして、さらに仮想環境に転送して設置
  • バナーファイルを添付してもらったが、それを利用するためにクリックしてダウンロードして、さらに本番環境に転送して設置

ダウンロードして見るだけのようなファイルなら良いのですが、エンジニアとしてBacklogを使っているとどうしても添付ファイルと開発が紐付いてきます。

で、上記のような作業が続いて続いて続いたので、嫌になってBacklogから直接ファイル設置できるようなコマンドを作りました。

backlogcp

github.com

事前設定

Backlogの[個人設定] > [API] でAPIキーを生成します。

f:id:k1LoW:20160707195051p:plain

インストール

$ gem install backlogcp

使い方

Backlogからファイルをダウンロードできそうに見えるURLをコピーします。例えば、

です。

そして、設置したいサーバで backlogcp のあとにコピーしたURLをそのまま貼り付けて保存先を指定します。

$ export BACKLOG_API_KEY=XXXXXxxxXXXXxxXXXXXxXXXXXXX
$ backlogcp https://101000lab.backlog.jp/file/TEST/path/to/%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg ./path/to/image.png

scp ライクにファイル設置ができます。

これで、「クリックしてダウンロード」がなくなりました。便利!

というわけで、Backlogで「クリックしてダウンロード」が嫌になった人は是非使ってみて下さい。


(Backlogで、ダウンロード用の期限付きURLとか発行できるようにならないかなー)