読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHPカンファレンスで.ssh/configについて話します #phpcon #phpcon2016

SSH

7年振りの参加です。

phpcon.php.gr.jp

PHPは自分の主力言語なわけですが、PHPカンファレンスについては「(出力言語だし)スピーカーになれたら参加する」というオレオレルールを課しています。

そんな他人にはよくわからないルールを課していたら「PHPで話すことがない」ためにずっと参加できずじまいでした。

PHPが主力なのにPHPで話すことがないってどういうことなんですかね・・・)

↑のような楽しみをずっとできずにいました。

募集要項がちょっと違った

そんなわけで毎年PHPカンファレンスで話せるネタを探しては諦めていたのですが、今年PHPカンファレンスの募集要項を確認したら以下のような記述が。

トークのテーマは必ずしもPHPの話である必要はありません。JavaScriptの話、HTMLの話、開発環境の話、チームビルディングの話などなど、PHPエンジニアが聞いて面白ければ何でもOKです。

「これはPHPカンファレンス福岡と同じだ!」ということで、さっそくずっとどこかで喋りたかったことを応募しました。

.ssh/configを管理する。.ssh/configで管理する

様々なプロジェクトに関わっていると、自然と様々なサーバへのSSH(公開鍵認証)が必要になり、.ssh/configの管理も必要になります。これを管理する1つの方法、また、逆に .ssh/configを利用してサーバ情報などを管理しようとしている取り組みについて紹介します。

今年のPHPカンファレンスのテーマは"NEXT"ということです。

Docker界隈などで「SSHをしたら負け」と言われはじめている昨今の状況からすると、.ssh/configの話はあまり似つかわしくないかもしれません(言い訳をすると応募当初、今年のテーマを知りませんでした)。

ただ様々な事情からSSHを多用するエンジニアの方は(自分を含め)いますし、これからも .ssh/config と向き合っていく必要性はあると思います。

ただ、「普通に .ssh/configをホームディレクトリに置いてSSHだけをしている」方に、ちょっとだけ"NEXT"に行ってもらえるような話ができればと思います。

ちなみに本当の"NEXT"は多分もっと先か、別な方向なので、サイセンタンな方には物足りないかもしれません。

キーワード

  • .ssh/config
  • サーバ管理

PHPTokyoTyrantの組み合わせについてLTした以来のPHPカンファレンスでの発表!楽しみです! (はい!「TyokyoTyrant懐かしいなー」とか思ったアナタ!是非声かけてください!)

ところで

PHPカンファレンス(本家)が言語の制約を取っ払ったのは今年からですかね?

自分みたいなニッチなことにしかコミットしない(それ以外は普通な)エンジニアにはとてもありがたいです。

少なくとも応募できるのが嬉しい。

buildersconにも応募したかった人生だった。。。